オナラ体質改善プログラム

・大事な時に限ってオナラの危険信号が出てくる

・自分のオナラの臭いが嫌でしょうがない

・通勤(通学)電車がたまらなく苦痛

・生理前になるとガスが溜まってお腹がパンパンに・・・

・市販薬も漢方薬も試してみたけど全然効果がない

・オナラが気になって会話に集中できない

・旅行や遠出の時に限って、オナラの危険信号が・・・

・他の人よりオナラの回数が多すぎる

なかなか人にはいえない体の悩みでも1番ではないでしょうか?

薬も特化したものがみあたらないし、病院へいくほどでもない。

でも、肝心のときに・・・・

そういう人は、老若男女多いと思います。

本来、おならは腸内の余分なガスを排出させるためにあります。

どんな人でも、おならはしますので、おならを知らない人はいないと思います。

おならの原因の1つは、炭酸飲料の摂取や、食べ物を飲み込む時に一緒に空気を飲み込むことで起こります。

又、食物が腸内細菌により分解される際に発生する「ガス」が原因でも起こります。

つまり、腐敗ガスの「排泄機能」なのです。

これは誰もが経験する普通のおならであって、あなたが思い悩むおならではありません。

あなたが、思い悩むおならの一つ目の原因。

それは「精神的放屁」といいます。

これは、人が恐怖を感じたり、過度なストレスを感じたり、また緊張した時に出るおならのことです。

「でも、部屋でリラックスしている時にも出るんだけど・・・。」
きっと、あなたはそう思うでしょう。

その通りです。

通常の人とは違い、おならの回数が多い人の大半は、 緊張や恐怖を感じる場面ではなくても、それと同様、 又は、それ以上のおならをしてしまいます。

実は、それは自律神経が大きな原因となっているのです。

自律神経は、身体の様々な器官に命令を送るものです。

その自律神経が、間違った命令を出してしまっているために、 必要のない場面でもおならをしてしまうのです。

これがひどくなると、「自律神経失調症」という病気に発展してしまい、あがり症、赤面症、どもり、そしてそれがもっとひどくなってしまうと、「社会不安障害」という病気になってしまいます。

「社会不安障害」の主な症状としては、対人恐怖症、 うつ病、パニック障害などがあげられます。

おならくらいで・・・。なんて思っているのは、大きな間違いです。

それは「社会不安障害」の立派な予備軍でもあるのです。

また、回数だけならまだしも、おならには臭いがつきものです。

この臭いが本当の曲者。

この臭いは悪玉菌によって引き起こされます。

悪玉菌とは腸内で有害物質を生み出し有害な働きをします。

例えば、たんぱく質を分解するときに発生する、アンモニア、硫化水素、インドール、スカトール等のガスです。

これが耐えられない程の臭いを発生させるのです。

又、これらは成人病や老化を引き起こし、最悪の場合、ガンをも引き起こしかねません。

今のうちに、きちんとした治療法で、自律神経や腸内環境を改善させなければ症状は悪化するばかりです。

しかし、幸いなことに、まだおならで悩んでおられる程度でしたら、比較的簡単に改善させることができます。

あなたも、短期間で簡単におならを改善させませんか?

「改善させたい気持ちはあるけど・・・」
たしかに、自分にもできるのかな・・・ と不安に思うかもしれません。

これまでに多くの方のおならを改善させてきた治療法をお伝えいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする