チック症改善術

なくて七癖、といいますが・・・・

「瞬きが多い…」
「うつやどもりなどの傾向にある…」
「首ふりの回数が多い気がする…」
「肩すくめの行動がある…」
「変な癖にしては回数が多すぎる…」

そう思ったら、チック症です。

それがひどくなるとトウレット症となります。

そして、これは子供の病気とは言えないのです。

たいていは、子供のうちに寛解しますが、大人になって

また再発し、苦しんでいる人がいます。

実はかくいう私もその一人です。

ビートたけし・石原慎太郎などの大物になると全然、気にはしないでしょう。

しかし、一般人の大人なら、まわりの目とか気になって当然です。

周りには…

「たかがチック症でしょ?」
と思われてしまうこともあります。

しかし、本人は真剣に悩んでいるわけです。

日々、隠し続けるような生活をしているわけです。

変なしぐさをしてしまうこともあります。

妙な格好になっている時もあるかもしれません。

これはチックを隠そうとした行動の結果なのです。

これまでどんなチック改善方法を試しましたか?

市販されている本や雑誌を読んで実践したり
病院やカウンセリングとかを試してみませんでしたか?

でも、結果的にほとんど効果はありませんでしたよね。
効果があったらこのサイトは見ていないと思います。

まず、1番重要なのは根本的に改善できるかなのです。

じゃそのためにやることは?

チックといってもたくさんの種類があります。
特長別のチックを徹底的に分析します。

年齢とチックの関係はどうなっているのでしょうか?
年齢が及ぼす影響や対策法を考えます。

確かに脳内異常が原因でチックが起こることもあります。
でも、脳内異常を先に疑ってしまうのは間違いです。
本当の原因をみつけます。

チックは種類も多くて改善方法も多様ですが
原因さえ把握できれば改善方法は数種類しかありません。
恐れることはまったくありません。

ストレスがたまりすぎるとチックがひどくなったりします。
でも、直接的な原因はストレスではないかもしれません…。

チックに関する間違った情報に振り回されないでください。
良かれと思ってやっていることが逆にチックを悪化させて
いるケースも少なくないので正しい知識が重要です。

危険なチックと安全なチックがあります。
症状から見た、危険なチックと安全なチックの
判断方法があるのです。

まだまだあげればきりがないのですが、これまでのチック対症療法の
常識をひっくり返すチック症改善術です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする