女性に好意をもってもらう話し方

会話は人間関係の基本。

話し方しだいで、どんなイケメンでも女性から敬遠されます。逆に、非イケメンでも、

女性に好意をもってもらうことができるのです。

そこで、当記事では、女性に好意をもってもらう話し方について解説します。

■相手に波長を合わせる

視線の合わせ方

話をするときの、視線の合わせ方は、どのようにしたらいいでしょう。

マニュアル本を見ると、「話をするときには、相手の目を見た方がいい」

と書かれてあったり、「あまり威圧的にならないように、ほどほどに見た方がいい」

と書かれてあったりします。

実は、上に書いた2つのアドバイスは、厳密には正しくありません。

女性に好意をもってもらうために、もっとも効果的なのは、

「相手の視線の合わせ方を真似る」ことです。

つまり、人見知りしがちで、あまり人と目を合わせない女性をあまり見つめすぎると、

その女性はあなたと話すのに気づまりな思いをすることになります。

逆に、堂々と相手の目をしっかり見て話す女性に対し、目線を合わせないでいると、

「おどおどした人」「失礼な人」と捉えられかねません。

相手の女性と同じくらいの頻度で目を合わせるようにすると、

彼女はあなたと話すのを心地よく感じ、あなたに好感をもつようになるでしょう。

■話す速さ

同様に、話すスピードも、相手の女性に合わせるのが効果的です。

つまり、早口の女性にはあなたも早口に。ゆっくり話す女性にはゆっくり

話すように心掛けてください。

ただし、相手と全く同じスピードにするのではなく、相手よりほんの少し

ゆっくり話すのがちょうどいいです。

なぜならば、男性があまり早口だと、「軽率」「自己中心的」に見られやすいからです。

相手の女性より、ほんの少しゆっくり話すと、落ち着いていて、話をきちんと

聞いてくれる人だという印象を与えるので、好感を持ってもらえるでしょう。

■普段からよく観察しておく

初対面の女性と会話する場合には、その場で相手の女性の視線の合わせ方

話すスピードを把握して、自分の話し方を調節しなければなりません。

一方、学校や職場などで、普段から顔を合わせる機会がある女性の場合、

日ごろから彼女が他の人と話すときの様子を観察しておきましょう。

実際に話す段階になって、相手の様子を探るのでは、どことなく不自然な話し方

になってしまいますからね。備えあれば憂いなしということです。

恋愛アドバイザーの加藤です。

女性に嫌われたらどうしよう・・・

こんな気持ちで、女性に嫌われないように

あれこれ話をふる男性がいます。

はっきり申し上げます。

「こういう男性は、心のうちを100%女性に見抜かれている」

と・・・

ではどうすればいいのか?

あなたはすぐに

「女性に嫌われてもいい」なんて思えないでしょう?

だから、向こうに「あなたに嫌われたくない」という思いを

抱かせる、誘導会話をするんです。

むずかしそう?

また、

初対面の女性を完全にとりこにする、会話の仕方とは?

初対面の女性を完全にとりこにしてしまう会話・・・

それは、「飾らないこと」なんです。

自分を大きく見せない。

自分の実力をやや謙遜気味に見せる。

自分の恥ずかしい部分をあえて見せる。

このような、オープンな会話をする男性は

女性から好感度が必然的にアップしていき

「また一緒したい・・・」と思われる男性の特徴です。

しかし、会話のヘタな男性は、こういったタイプの男性と

逆のことをして、自爆しているケースが大変多いのです。

モテない、会話がうまくできないと嘆く男性は

モテる男性、会話がうまい男性

女性を会話で惹きつける男性の会話を直接聞いてみることを

おすすめいたします。

ここに、女性を会話で惹きつける男性の

音声が掲載されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする