色を意識することで幸せになる

この世の中には実にいろいろな

色彩であふれています。

この色と人間の相性と言うことを

考えたことのある人ってそうはいないでしょう。

しかし、あながち関係ないとはいえないということを

ある人の話から私は知ることができました。

私の旦那はとにかく無口、ぶっきらぼう。そしてあまり笑いません。

気持ちも伝えてくれるわけもなく、頼ってくれるわけでもなく。

『なんでもっと気持ちを伝えてくれないのだろう』

『なんで一人で抱えこむのだろう』

旦那の人間性は百も理解しているつもりが、

そのミステリアスな部分が魅力的なはずが、

やはり時にわからなくなったり、悲しくなったり。

そんな中

『 旦那は黒以外に興味がないのは何故だろう?? 』

ふとした疑問がこの教材との出会いでした。

そして旦那の属性を理解することが出来、思い切ってこう質問したのです。

『 あなたの幸せってなんなの?』

旦那は

『おまえらが笑ってるのを見てることだよ、一緒にってなると、まだ難しいけれど。』

と微笑みかけてくれたのです。

確かに旦那は過去に笑顔を失うほどの経験をしてきた人で難しいところもありますが、

この会話がなければ旦那を真に理解することを忘れていたことでしょう。

これ以降、旦那の一つ一つの行動が、

不器用ながらに全てが私たち家族の為であるという事に気が付くたびに、

大きな幸せを感じています。

色を理解するという事がここまで大きな変化を

自分自身にもたらすとは思ってもみませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする