スペイン語 習得 プログラム

私事で恐縮ですが、過去に2回ほど

スペインに行っています。

できれば、リタイヤ後に

もっとも行きたい国の1つです。

できれば、スペイン語を覚えてから

行って、現地の人と交流したいです。

しかし、スペイン語は日本人にとって

ハードルが高いというのが定説ですね。

しかし、そんなことはないのです。

外国語であるスペイン語を勉強する

からといって、ただやみくもに文字や

音声をなぞるような従来の習得法では、

たとえその瞬間は覚えられたとしても、

またすぐに忘れてしまいます。

これが、結局 身につかないまま、同じことを繰り返す原因なのです。

つまり、スペイン語は、『スペイン語体質』

をモノにしてこそ、

習得できる言語なのです。

まだ、『スペイン語体質』の感覚がいまいち

よく理解できないという人がいるかもしれませんね。

ここでちょっと例を出してみましょう。

日本語に置き換えて考えてみてください。

あなたは日本人として生まれて、日本語を自然に覚え、

いつの間にか流暢に話せるようになっていたはずです。

ひとつひとつの単語の意味や文法の正しさに細心の注意を払いながら、

日本語で会話していますか?

そんなことはしていませんよね?

幼い頃から1日24時間、1年365日、

ほぼ無意識のレベルで

日本語を話し、生活してきたはずです。

スペイン語に話を戻しますと…

私たち日本人が従来のやり方で、

この『スペイン語体質』を得ようとした場合、

長期間に渡って留学するか、あるいはスペイン語

を日常的に使う環境に

おかれないかぎり、不可能に近いです。

しかも、これらのことを現実に行うためには、

多大な時間と費用がかかります。

しかし、『あるコツ』を知ってしまえば、

その必要は一切なくなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする