たかが財布されど財布

たかが財布されど財布

つくづく自分のサイフを眺めていると、「出て行くばかりだなあ」って思います。

たかがサイフ、されどサイフ。

毎日つかうものだけに、こだわってみたい品物です。

でも、グッチだビトンだ・・・・

日本人の悪い癖で、ブランド品を買っておけば安心。

人の目も気にすること無く使える、という考え方が多いようです。

しかし、「開運財布」というものもあるんですね。

「そんなもんで金がたまりゃ苦労しないよ」

私もそう思っていたのですが、まんざらウソでもなさそうです。

風水などの関係からも、サイフの選択は重視されているんですね。

結果、宝くじにあたったり、病気が改善したり、仕事がみつかったり、

恋愛や結婚がうまくいったり、子供の成績があがったり・・・・・・・・

そういう実体験をしている人が何人もいることがわかりました。

財布で開運
したわけですね。

たとえばこういう方がいるわけです。

同じよい素材なら、開運財布を選ぶのもありかなって私は思いました。

で、どうせ買うなら年が明けた今かなって・・・・

説明を読んでみると、そのとおりで、1月から立夏までに買う財布は、「春財布」といいます。

お金で財布がパンパンに張って縁起がいいと言われているそうです。

さらに、今年の干支は「サル」です。

新春に購入する財布は、昨年までの災いが去り、良い年を連れてくるといいます。

財布で開運
してみましょうか!

南野武のミニマリストへの旅

きれいになりま専科

ダイエットしま専科

主婦のための小遣い稼ぎ

子育てお助け情報

みんなのなやみ

人生が変わる情報

人生 終盤 問題 解決

最新ランキングサイト

ジビエで疲労回復・皮膚の健康・新陳代謝

かいごの森

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする