あがり症 改善法 実践

あがり症 改善法 実践

どんな人でも、人前で話すときは心臓がドキドキするものです。

とくに大勢の前で話す結婚式披露宴や歓迎会などのスピーチであれば、
想像以上のプレッシャーが襲ってきます。
さらに、人目を気にし過ぎてしまい、

「あがらなければいいな」

「恥をかいたら大変だ」

などと、話の内容とは関係のない感情や雑念がわいてきて、
集中力を欠いてしまいます。

集中力が途切れることで、ますますアガリに拍車がかかるのです。

職場であれば、朝礼、プレゼンテーション、 歓送迎会、退職・着任などの挨拶があり、
さらには忘年会・新年会でスピーチ、あるいは会議の発言があるなど、
人前で話す機会が次から次へとやってきます。

私生活でもそうです。

PTA、同窓会、地域の自治会で挨拶をさせられる、法事の挨拶をさせられる・・・
と、色々な場面で話をすることが多い。

こういう時に、「自分はあがり症だから勘弁してください」といつまでも逃げ回るばかりでは、
いくら仕事ができても周囲から評価されることはありません。

私が主宰するT&C話し方教室には、
の経理関係、技術関係、またIT関係のシステムエンジニアの人たちが、
大勢勉強に見えています。

今まで人と接することが少なかった部門の人たちにとって、
上手な話し方を身につけることがいかに大切かを切実に感じている証明でもあります。

やはり、人前で自分の言いたい事をキッチリ伝えることができなければ、
仕事で正当に評価してもらえませんし、職場内や取引先の信用を得ることはできません。

逆に、人前で3分でも、落ち着いてしっかり話すスキルを身につければ、
あなたが想像する以上に多くのメリットをもたらします。

具体的に言うと、金銭面では、給料アップ、ボーナスアップ、管理職への昇進、
より条件のよい企業への転職。

社会的には、職場内や取引先からの信用を勝ち取り、
影響力のあるリーダーシップを取れることなど、
あなたの人生をバラ色に変える多くの恩恵を受けることでしょう。

では、どうすればあがり症を改善し、大勢の前でも落ち着いて上手に話せるようになるのか?

それは、今からお伝えする3つのステップで、人前で話すスキルを確実に身につけること。

「話すスキルってなんだか難しそう」
「口下手な私には無理」

と言われそうですが、どうぞご安心ください。

人前であがらず説得力のあるスピーチをすることはそんなに難しいことではありません。

ちょっとしたコツを身につければ、今までの恐怖心が信じられないように消え去ります。

そして、会議やプレゼン、結婚式のスピーチといったあらたまった場所で、
自分の考えを上手に話せるようになります。

世の中には生まれつき話し上手な人はいません。
コツを身につけてトレーニングすれば必ず成功します。

この事実をあなたにわかってもらうために、
今回、私のレッスンや研修を直接受けた方でしか知らないノウハウを、
今回初公開することにしました。

このように、このプログラムを実践された経営者や
管理職の方をはじめとした10万人以上の方々と同じように
今あがり症でつらい思いをされているあなたに活用していただき、
幸せな人生を歩み始めてくれれば、私にとってそれ以上の喜びはありません。

・金井式あがり症改善法実践セミナーDVD(3枚組)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする