高卒認定試験1発合格

 ★高校を中退して4年以上のブランクがある

 ★中学生レベルの問題も自信がない…

 ★特に英語はちんぷんかんぷん…

 ★中退後、ひきこもりやニートになり、
  勉強を続けられる自信がない…

あなたは今、独学で高卒認定を取れるのか
大きな不安を抱えていると思います。

高校中退してから4年のブランクを痛感…。

中学生レベルの英単語すら分からない

決意したものの、高校を中退してから4年。
この間に勉強は一切していませんでした。

クローゼットからホコリをかぶった
教科書を引っ張りだしてペラペレとめくってみるも、
そこには難解すぎて意味不明な文字がズラズラと並ぶ…。

読んでいるだけで頭が痛くなり、そのままそっと本棚に戻す…。

特に数学や英語は全く分かりませんでした。

中学生レベルの計算も公式も単語も文法も、
すっかり頭の中から消え去っていました。

そんな私を見かねた両親は

「お金出してあげるから高認予備校に行ったら?」

「ずっと勉強してないのに、独学で勉強するなんて無理に
 決まってる」

予備校をすすめてもらったことはありがたいことでしたが、
散々迷惑をかけておきながら20万円以上もする
予備校のお金を払ってもらうなんて事はできませんでした。

インターネットや過去問を調べていみると、
免除科目はありませんでしたが、合格点は40点くらいでしたし、
独学でもできるはず!

独学で高認に合格できる。
できるはず…。
できる…よね。

独学で勉強すると決めたものの、勉強する習慣は
すっかりありませんでしたし、
暗記するのが苦手で大嫌いでした。

中学生レベルの学力すらなく、バイトと引きこもりの繰り返し…。

本音は不安で不安でいっぱいでした…。

合格できる自信なんてこれっぽっちもありませんでした。

成績証明書を見ていただくと分かりますが、
英語は評点Cです。

つまり合格点ギリギリです。

これは教材で詳しくお伝えしていますが、
中学レベルも心もとない学力、
60日間という短期間でいかに合格点を取るかを
試行錯誤した結果、確立した勉強法の成果です。

半年、1年かけてA評価で合格したいですか?

それとも60日間で合格点を取って、
いち早く夢への第一歩を踏み出したいですか?

私が教材でお伝えするのは、
いかに短期間で合格点を取るかにフォーカスした勉強法です。

全教科でA評価を取って高認に合格したいという方の
お役に立てないと思います。

私がお伝えする勉強法はあくまで
最小限の努力でラクをして最短日数で合格点を取る方法です。

最小限の努力でラクをしてと言うと語へいがありますね。

勿論、過去問を一回読んで合格点が取れる
といったような 何もしないでほったらかしで
合格できるといった都合の良い方法ではありません。

(科目によっては何もしないで80点以上取れてしまいますが…)

確実に点を取りに行く問題と最初から勉強せず
スルーする問題を取捨選択し、徹底的に効率化して
勉強していきます。

この方法なら、
 ・勉強の時間が取れない人でも
 ・集中が続かない人でも
 ・何から勉強したら良いか分からない人でも

やるべきことが明確になりますので、
モチベーションを保ちながら勉強を続けられます。
あなたにとって
高認合格が意味するものは何ですか?

 ☆高認を取って、専門学校や大学に進学したい
 ☆高認を取って、資格を取りたい
 ☆高認を取って、就職したい

あなたにとって高認合格はゴールではないですよね?

何かにチャレンジする為の通過点。
夢や目標への最初のステップなはずです。

私自身がそうでした。
高校を中退し、10代の貴重な4年という歳月を
引きこもりとして過ごし、 楽しむ事が出来なかった
後悔があります…。

後悔はありますが、今ではずっと前向きに
考えられるようになりました。

この経験を生かすも殺すも自分の考え次第だと気づけたからです。

私にとって高認を取った事は、自信になりましたし、
人生が一転するきっかけとなりました。

多くの仲間、尊敬できる方、友人と知り合う事ができ、
やりたい仕事をするという夢が叶いました。

次はあなたが夢を実現し、
人生を一変させる番です!

だからこそ、
この手紙を読んでくれているあなたにも
少しでも早く高卒認定を取得して
最初のステップを踏み出して欲しいと考えています。

高認を取る事は、今までの人生から抜け出すキッカケになります。

成りたい自分、叶えたい夢の切符になると
経験から断言することができます。

あなたが高認合格へ踏み出した勇気ある一歩
をしっかりとサポートする事が、私の使命だと
考えまとめたのがこの教材です。

60日間で高卒認定試験に1発合格するための勉強法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする