多汗症 自宅で 改善

個人的な話で恐縮ですが、私は毎日ジムに通い「汗をかいて」きます。

これをしないと1日汗をかくことはないからです。

「汗をかく」というと、いいイメージも悪いイメージもありますね。

とくに「汗っかき」「多汗症」の人は、悪いイメージしかないでしょう。

適度な汗は体の老廃物を出すのに必要ですが、出過ぎるのは問題です。

そこで、病院へ行くまでもないと、考えることが・・・・

1、水分を控える

しかし、夏に水分を取らないのは命取りになります。

水分の摂取を控えすぎてしまうと、体内に老廃物が溜まって体調不良を引き起こす原因になったり、
熱中症になる危険もあるからです。

2、制汗剤やデオドラントスプレーの使い過ぎ

制汗剤やデオドラントスプレーは汗の出口を一時的にふさいでいるだけです。

いくら多く使ってみても、一時的にしのいでいるにすぎません。

さらに使い過ぎると皮膚の炎症などを起こしてしまいます。

汗腺が多く体内の老廃物が溜まりやすいワキに制汗剤やデオドラントスプレーをかけると、熱の発散量が少なくなってしまいます。

すると発汗のバランスが悪くなり体に異常をきたす場合がある為、使いすぎには注意しましょう。

制汗剤や制汗グッズだけで多汗症は改善されません。

3、ボトックス注射や手術に頼ってしまう

多汗症を改善する為に、ボトックス注射や手術に頼る人も多くいらっしゃると思います。

しかし、血管の多い箇所の手術は必ずリスクが存在しますし、安全と言われているボトックス注射であってもだるさや気分が悪くなることもあります。

じゃどうすればいいか?

実は、多汗症を改善する為に自分自身でできることはたくさんあるのです。

多汗症を改善するために、まず一番最初に取り組まなければならないのはその原因をつきとめて対策を打つことが重要です。
さらに食事や生活習慣を正しく改善していくことです。

18年間にわたり、全国から1万名以上が殺到する「神の技を持つ」と言われる中国人医師が、手術や薬に頼らずにあなたの悩んでいる多汗症を改善する方法を初公開します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする