処女 交際 こだわり

いまさら、古い考えなのでしょうか?

男性経験率が、昔とくらべて信じられないくらいに跳ね上がっています。

「処女信仰」など、現在にマッチしないのでしょうか?

しかし、私はこだわっていいと思います。

花嫁の純白な衣装は、その象徴じゃないですか。

じゃ、処女と結婚するメリットはなんでしょう?

1. 自分色に染めることができる。
(処女は比較対象がないため、自分好みのSEXを当然のものとして受け入れるのです)

2. 処女のキツイ膣を楽しむことができる
 (女性の膣は、使う回数が多いほどユルユルになります)

3. 最高の征服感と満足感を得られる。
 (他の誰も知らない身体を独占し、汚れの知らない身体を唯一自分だけが楽しめるのです)

4. 別れた後も、再びSEXを出来る可能性が非常に高い。
 (女性にとっての初めての人という特別な存在なので、また抱く機会を得る可能性が高いのです)

5. 男性のワガママを相当受け入れる。
 (女性にとって初めての人だから、失いたくないという気持ちが増幅するのです)

それから・・・・

【処女=ブサイクやデブ】と思っていませんか?

実は、真逆なのです。

処女にはめちゃくちゃ可愛い女性が非常に多いのが現実です。

何故なら、ブサイクやデブほどお股が軽いのです。

それは、自分がモテないことを知っているから少し男性に強く言い寄られるとホイホイお股を開いてしまうのです。

逆に美人になればなるほど、女性は自分が男性からモテルと知っているので、お股が固い子が多いのです。
だから、処女には美人率が高いのです。

処女とおつきあいしたい、結婚したい方はご覧になってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする