みんなの悩み・解決・手伝い

会話へ導くことばの教え方

会話へ導くことばの教え方

 

■ 子どもの言葉が遅いこと
■ 発達が遅いこと
■ 言う事をきいてくれないことなど、
子どもの発達や育児の悩みは沢山ありますよね。

 

私の息子も3歳半までは言葉で要求出来ませんでした。
癇癪(かんしゃく)の時は、床に何度も頭を打ちつける事に、何年も悩まされました。

 

でも、正しい言葉や行動は、お母さんが教えることが出来るんです。
私の息子も、今では癇癪を我慢して、私の胸で泣いてくれるようになりました。

 

言葉の無い息子から
言葉を引き出して、
三語文まで発展させ、
質問にもこたえられるように練習しました。

 

育てにくくても、遅れがあっても、可愛い我が子に変わりはありません。

 

子どもが出来るように丁寧に教えていくと、

 

子どもの小さな成長に目を向けられるようになり、

 

子どもの成長を信じられるようになります。

 

我が子がもっと可愛くなり、

 

自分自身の育児にも自身が持てるようになります。

 

 

日本では、言葉は出るもの、待つものと言われていますが、それは違うんです。

 

言葉は促すことができるんです。

 

私は、効果が高いアメリカで主流の療育方法の1つで、
アメリカでは公費で家庭教師をつけて行う程大変な方法をヒントにして、
日常生活の中で言葉や行動を教えてみました。

 

そうしたところ、息子は「ちょうだい」から始まり、三語文まで言えるようになったのです!!

 

その方法とは、「ロバース法ABA行動分析」です。

 

書籍には「自閉症児に高度集中治療を行ったところ、
約半数が知的に遅れなく、
普通学級に進学した」ということが書かれていました。

 

週に40時間も机に向かわせるという、大変な方法でした。

 

私はわらにもすがる思いで必死に何十時間をかけて、
このロバース博士の本を読み、勉強し、
普段の生活の中で実践できるように、
私なりの独自の方法を考えて、
息子と頑張ってきました。

 

そして息子が言葉で要求できるようになり、三語文まで言えるようになったとき、
私と同じように悩み、つらい思いをしているお母さんたちに伝えなくちゃ!と思いました。

 

私が息子にしてあげたように、
あなたもきっと、
お子さんの小さな成長を楽しみにしながら、
今以上にお子さんを愛せるようになりますよ。


関連ページ

子供 運動オンチ 直す
このサイトは、子供から大人まで、なかなか人に相談しにくいアドバイスが欲しい等、いろいろな分野の悩みを解決、またはよい方向へもっていくお手伝いをするサイトです。
小学生 やる気 出す
このサイトは、子供から大人まで、なかなか人に相談しにくいアドバイスが欲しい等、いろいろな分野の悩みを解決、またはよい方向へもっていくお手伝いをするサイトです。