子育てお助け情報

不登校脱出への手引き

不登校脱出への手引き

 

子どものことで悩み眠れないお母さんへ

 

必ず守って欲しい大切なことを2つお話します。

 

 

「話しかけても知らんぷりしている・・・」
「夜中起きて昼間寝てばかりいる」
「ゲームばかりしている」
「晩ご飯のときスマホばかりみている」
「まったく勉強しようとしない」
「ちょっと話をするとすぐイライラする」
「せっかく進学校に入ったのに・・・」
「保健室ではなく教室に登校してほしい」
「こんな状態で社会に出てやっていけるのだろうか・・・」
「とにかく元気になってほしい」

 

このような不安や悩みに心当たりがありませんか?

 

あるいは、

 

「まさか、うちの子が・・・」
「なんで、うちの子が・・・」
「先生に見捨てられた・・・」
「わたしの対応は間違っているの?」
「処方していただいた抗うつ剤を飲んでも治らない・・・」
「起立性調節障害と診断されたけどよくならない・・・」
「自律神経失調症と診断されたけどよくならない・・・」
「『生活リズムを整えましょう』と言われて朝起こしたら悪化した」
「このままでは引きこもりになってしまうのでは・・・」
「どうすればいいの?」

 

と途方に暮れていませんか?

 

このままの状態が続くことに対して、表現のできないような不安をお持ちでこのサイトに訪問いただいたなら・・・。

 

ご安心ください。

 

心理療法カウンセラーの深谷修治が短期間で子どもを立ち直らせるために、まずやらなければならない大切なことをお話します。

 

 

どうしてうちの子が・・・

 

 

「先生も友達も心配しているよ。そろそろ学校に行ったら?」
「ゲームばかりしてないで、少しは勉強したらどう?」

 

このように言うと

 

「うるさいな〜。なんでオレの気持ち分かんないんだよ!」

 

と喧嘩になってしまい、そのうち何を話しても

 

「ふーん、ふーん」

 

と聞き流すだけになり会話もままならなくなります。

 

そして親と顔を合わせることや、会話を避けるようになって部屋から出てこなくなります。

 

子どもが考えていることを聞き出そうとしても

 

「どうせ何も分からないくせに」

 

という顔をして答えてくれません。

 

 

「生活のリズムを変えなくては」

 

と考え、朝たたき起こそうとしてもまったく改善しません。

 

しまいには分かってもらえない苛立ちから卵を割ったり、ケチャップをぶちまけたり、
カレンダーをビリビリに破いたり、壁を蹴飛ばして穴を開けたり、手に持っているコップを投げつけたり、妹や弟、そしてお母さんに暴力をふるうようになります。

 

「疲れた・・・死にたい」と言いはじめることもあります。

 

リストカットすることもあります。

 

 

いったいどうしてしまったの?

 

 

このような状態のとき、会話を続けようとしても、部屋から引きずり出そうとしても良くなるどころか悪化するだけです。

 

子どもは心のエネルギーを完全に失っています。

 

心のエネルギーとは、1日1日を元気に生きていこうとする気力のことです。

 

この心のエネルギーは健康な大人でも、少なくなることがあります。

 

たとえば、朝、目覚めたとき、

 

「今日は出かけたくないな・・・」

 

と感じることはないでしょうか?

 

このような状態のとき、通常の心のエネルギーを100%とすると、心のエネルギーは2〜3%少なくなって97〜98%になっています。

 

でも97〜98%くらいであれば、美味しいものを食べたり、リフレッシュしたり、1日休息をとれば回復します。

 

しかし不登校や引きこもりの子どもは心のエネルギーが、0(ゼロ)%近くになっています。

 

普通のやる気がでないとは次元が違います。

 

心のエネルギーが減ってくると、熱を出したり、頭痛や腹痛、吐き気を訴えて学校を休むようになり、
先生からの電話、近所のはなし声、親の気配から避けるため昼夜逆転が発生します。

 

心のエネルギーがまったく無くなると無気力になります。

 

こうなると心を通い合うことはまず無理です。

 

子どもには心を通い合おうという気力がなくなっています。

 

心を通い合うためには、心のエネルギーを溜める必要があります。

 

しかし毎日ほんの少しずつしか心のエネルギーは溜まりません。

 

せっかく少し溜まったとしても、

 

「いつまで寝てるの!」

 

という何気ないひと言で簡単に空になってしまいます。

 

 

「全然分かってないんだな・・・」

 

と感じた瞬間に空になってしまうのです。

 

心のエネルギーが空になっている期間が長いほど回復にも時間がかかります。

 

いかに早く手を打つかが早期回復のカギとなります。

 

 

早期回復のために大切なことは・・・

 

 

ひとつめの守って欲しい大切なことは「余計なひと言を言わない」です。

 

たとえば、

 

「もう8時よ、早く起きなさい」
「歯を磨いた?」
「忘れ物ない?」

 

などは言ってはいけません。

 

思春期になると、子どもは独り立ちの準備を始めるため、少しずつ親から距離を置くようになります。

 

独り立ちとは、自分のことは自分で責任もってできるようになることです。

 

親は子どもを一生面倒みることはできません。

 

それゆえ子どもは親に頼らず自分の力で生きていく術(すべ)を身につけなければなりません。

 

ところが「余計なひと言」は独り立ちを邪魔しています。

 

寝坊する。
歯を磨かずにいて虫歯になる。
忘れ物をする。

 

これらの苦い経験や痛い経験を通して、どのようにしなければならないのかを身をもって学習するのです。

 

失敗の積み重ねが独り立ちのステップをひとつひとつ登っていくことになるのです。

 

もちろん子どもが小さいうちはしっかり躾けなければなりません。

 

でも小学校の高学年以上になれば、いちいち言わなくても自分で考えて対応できるはずです。

 

お母さんから「余計なひと言」を言われると、子どもは「うるさいな〜」と感じ心のエネルギーを消耗してしまいます。

 

そして自分で行動して学習しようとする意欲が削がれてしまいます。

 

これでは独り立ちできません。

 

「うるさいな〜」と感じて反発することに心のエネルギーを使ってしまい、 自立に向けて階段を登ることにエネルギーを使うことができないのです。

 

 

子どもには親の気持ちが伝わりません。

 

 

”親の心子知らず”と言いますが、子どもには親の気持ちは分かってもらえないと思ってください。

 

親の気持ちが分かるのは、子どもが一人前の大人になったとき、あるいは結婚して子どもを授かったとき、そして親を亡くしたときです。

 

今は、親が子どもの心を汲んであげなければならない時期です。

 

子どもの独り立ちしようとする小さな芽を摘んではいけません。

 

お母さんが、小さな芽を育てようという視点に立てれば自然に子どもに対する接し方が変わり、
それが子どもにも伝わって不登校・引きこもり状態にも変化があらわれます。

 

このことはいじめが原因で不登校になっている場合も同様です。

 

親が「余計なひと言」を言ってばかりいると、子どもはシグナルを送りにくいですし、親もシグナルを感じ取れなくなります。

 

子どもが独り立ちできるように、親は少し距離を置いて見守るという姿勢が大切です。

 

もし親の助けが必要になれば、子どもから相談してきます。

 

相談を受けたら、独り立ちの階段を登るためにはどうするのがベストなのか考えてアドバイスすれば良いのです。

 

ときには「自分で考えて決めてね」と突き放すくらいが良いこともあります。

 

できるだけ子どもに考えさせ、ときには失敗すると分かっていても手出しをしない覚悟を持ってください。

 

 

子どもが小さいときは、親の言うことをよく聞いていたかもしれません。 でも子どもが大きくなってくると反発するようになります。

 

これは独り立ちの階段を歩もうとする子どもの成長意欲を押さえ込もうとしているのですから当然のことです。

 

つまづきながらも少しずつ成長する子どもを優しく微笑みながら見守るくらいがちょうど良いのです。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

不登校脱出への手引き


関連ページ

アトピー ヒーリング プログラム
このサイトでは、幼稚園から高等学校までの教員免許を持ち、実際に30年以上、教壇に立って教えてきた私が、子育てに関するいろいろな情報を、ご提供していきます。
100組以上の親子の声から生まれたキッズサプリメント
このサイトでは、幼稚園から高等学校までの教員免許を持ち、実際に30年以上、教壇に立って教えてきた私が、子育てに関するいろいろな情報を、ご提供していきます。
おいしくスクスクにこにこカルシウム
このサイトでは、幼稚園から高等学校までの教員免許を持ち、実際に30年以上、教壇に立って教えてきた私が、子育てに関するいろいろな情報を、ご提供していきます。