子育てお助け情報

大学進学というハードル

大学進学というハードル

 

義務教育(小中学校)以外の教育機関の教育費の無償化問題や、大学の経営問題など、高等教育のあり方についてさまざまな面で状況の変化が起き、再検討の機会が与えられている。

 

「良い大学、そして良い就職先」との子供の進路に関する言い回しも、必ずしも正しいとは言い切れないとの指摘もなされるようになった。

 

しかし高校進学は当たり前、そして大学進学率もこのように上がっているのが現実である。

 

 


大学進学というハードル記事一覧

平凡な普通の頭脳が天才頭脳への進化する

平凡な普通の頭脳が天才頭脳への進化する人間の脳は3歳までに決まるとか聞きますが、ちょっとそれはないような気がします。だったら大学受験生などどうなるんでしょうね。ただ、中高年になったら、もう若い頃のような記憶力も低下しているし、むしろ物忘れがひどくなり、やがては「ボケ」ないかという不安につながっていき...

≫続きを読む

 

東大 理V 凡人 合格

東大 理V 凡人 合格普通の高校生が、東大、しかも理科三類に合格するなんて、あり得ません。でも、面白いことに、自ら凡人だった男が、東大理科三類に合格してしまったのです。彼は地元で底辺とも呼ばれる高校に通い、友達と騒いだり遊んだり、馬鹿なことも沢山して、普通の青春をおくってきました。運動も勉強もそんな...

≫続きを読む

 

センター試験 英語 第6問

センター試験 英語 第6問タイトルからしてかなりニッチな内容です。しかし、センター試験では非常に差がつくところなのです。センター試験では、第1日めの最後の時間にある「英語科目」は「配点」も大きく、「脳」も疲れきった状態なので、受験生の間で最も差がつく科目と言われています。逆に言えば、この「英語科目」...

≫続きを読む

 

三ヶ月で難関大学合格レベルの英語読解力

三ヶ月で難関大学合格レベルの英語読解力英語は難しくないなのに、 どうして こんなに 苦労するのでしょうか日本人は、英語がダメだ、と昔からよく言われます。大学入試や会社の入社試験でも英語が必須で、日本人ほど教育水準の高い国民も多くはないだろうに、2013年度のTOEFLのアジア圏でのランキングは31カ...

≫続きを読む

 

高卒認定試験という道

★高校を中退して4年以上のブランクがある ★中学生レベルの問題も自信がない… ★特に英語はちんぷんかんぷん… ★中退後、ひきこもりやニートになり、  勉強を続けられる自信がない…あなたは今、独学で高卒認定を取れるのか大きな不安を抱えていると思います。高校中退してから4年のブランクを痛感…。中学生レベ...

≫続きを読む

 

大学受験英語 短期間 結果を出す

大学受験英語 短期間 結果を出す大学受験英語の成績が伸び悩んでいる方、短期間で結果を出したい人のための勉強法です。これだけでも、英語の勉強法の知識では全国でトップ1%以内に入れるはずです。さらにここでお伝えする方法を続ければ、成績でも全国でトップ1%以内に入れる可能性を秘めた勉強法です。ハイスピード...

≫続きを読む

 

早稲田攻略作戦

早稲田攻略作戦学校の先生も、多くの受験対策本にも、親も友人も塾や予備校講師にも誰も教えてくれなかった早稲田合格者と不合格者を分けるボーダーラインとは? この「不思議」の中に底辺から爆発的なスピードで志望校に合格するための秘密が隠されていました。誰も知ることのなかった底辺から逆転合格するための秘密をあ...

≫続きを読む

 

センター試験選択式英語長文問題正解システム

センター試験選択式英語長文問題正解システムセンター試験の総合点というのは、第一日目の午後に行われる“英語長文問題の出来次第”で大きく変わります。どういうことかというと、センター本番初日、英語科目のうち7割の配点を占める長文問題が、センター試験全般における精神状態のカギを握っているということです。実際...

≫続きを読む

 

記憶術集中セミナー

記憶術集中セミナー私達は、ここまで多くの方とお話する機会を持たせて頂きました。そして多くの方がやられている勉強の仕方が・・・・繰り返し教科書を読む・大事なところを参考書に線を引く・ノートをきれいにまとめて、何度も見直す・複数の参考書を勉強する・過去問題を何度も繰り返しやる・試験に出そうなところに当た...

≫続きを読む

 

大学受験マーク式英語長文問題驚速正解システム構造原論

大学受験マーク式英語長文問題驚速正解システム構造原論夏は入試の天王山という言葉に表されているように、「夏休み」を成功裏に過ごすかどうかは、来年の受験の成否を決めます。ところで、近年、東大・早稲田大学に行ける高校生でさえ、地方国立大学から、地元の地方自治体に行くことがトレンドになっています。地方から、...

≫続きを読む